商品情報にスキップ
1 / 7

ZANTER JAPAN

M-43 フィールドジャケット

通常価格
¥64,900
通常価格
セール価格
¥64,900
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
サイズ

アイテム説明

『ZANTER JAPANよりM43 FIELD DOWN JACKET』

国内で最初のダウンウェアメーカーとして誕生した「ZANTER/ザンター」。

1956年から現在まで、日本の南極観測隊へダウンウェアを供給し続け、他にも遠征隊・探検隊・登山隊に納入・装備担当する経験と信頼厚きブランドです。

そのザンタージャパンから「M-43」をベースに中綿ダウン仕様とした「ZANTER」オリジナルモデルです。

M-65フィールドジャケットの起源ともいうべきアイテムがM-43フィールドジャケット。
M-43フィールドジャケットは、M-41フィールドジャケットの後継モデルとして米陸軍によって開発され、全兵科で共通使用する多用途フィールドジャケットとして1943年8月に制式採用されました。

中綿に日本国内精毛のダウンを使用したミリタリーライクなダインジャケットとなっています。

軽量で保温性に優れたアウターなので寒い冬場も快適に過ごしていただけます。

 

※ザンター羽毛の特徴

市販されているダックダウンのウェアの多くは食肉用に飼育された中ヒナ(生後45日前後)の羽毛が使用されています。
なぜなら中ヒナは肉質が柔らかく美味しいので、食用に最適であり、羽毛はその副産物だからです。
しかし、その羽毛は発育途中である場合が多いのです。
ザンターが主に使用している羽毛は、現地農家が田植え後にヒナ鳥を田んぼに放し、雑草や害虫を食べさせ、成鳥になるまで広大な田んぼの中を自由に動き回らせる自然飼育の環境下で、のびのびと大きく育った生後90日以上のダックから採取しています。
つまり、ザンターが使用している主なダウンは、羽枝が密生し、ダウンボールが大きいため、型崩れが少なく、空気をたくさん取り込むことができる、保温性・弾力性・耐久性に優れた羽毛なのです。

 

※高い精毛技術

水鳥より採取した原毛から不純物を取り除き、洗浄、殺菌等をすることを精毛といいます。
ダウンの品質は、精毛技術によっても左右されます。
ザンターが主に使用するダウンは、60年にわたり羽毛布団を製造してきた東洋羽毛工業株式会社が精毛する、高品質な羽毛です。
国内工場の最新の機械、技術を使い、羽毛の品質を高めています。高い技術で精毛することにより、保温力、吸湿発散性に優れた、耐久性のあるダウンとなります。

アイテム詳細

素材

表地  綿100%
裏地  ポリエステル100%
中地  ポリエステル100%
中綿  ダウン90%  フェザー10%

原産国 日本

サイズ

M : 着丈75cm / 身幅54cm / 肩幅49cm / 袖丈63cm
L : 着丈77cm / 身幅57cm / 肩幅50cm / 袖丈64cm

モデル

168cm / 56kg
着用サイズ:M